So-net無料ブログ作成

朽ちていった命 [本]

先日、飲み会でふとした話からでたのが「東海村臨界事故」だ。
会社の女子が読んだというこの本「朽ちていった命ー被曝治療83日間の記録ー」を借り受けた。

イッキに読んでしまった。

これは、1999年9月30日に、茨城県那珂郡東海村に所在する住友金属鉱山の子会社の核燃料加工施設、JCOが起こした原子力事故(臨界事故)で亡くなった大内さん(当時35)の被曝から亡くなるまでの治療の記録だ。しかしそれは治療と呼べるものなのか、次第に変わり果てていくその姿を目の当たりしていく家族と医療スタッフ。とても希望というものを持ち得ない被曝線量(即死でもおかしくない程の線量を浴びた)を受けても一縷の望みにかけるスタッフ、家族の姿を胸を打つ。

その事故は杜撰な管理下で裏作業マニュアルを実行する中で発生した臨海事故。
作業者たちは全く臨海が起きるなどという危険の伴う作業だと認識はなく、突然「青い光」を見てしまった。3人が猛烈な中性子線を受けその後の2人が亡くなった。突如田舎のビルに現れたむき出しの原子炉は、なんとか20時間後には核分裂を停止することに成功したが、強烈な被曝を被った作業者の大内さんのその後の83日間とは、身体の全面の全ての皮膚がはがれを落ち、爪も剥離、体内の粘膜も亡くなり出血、下痢、吐血、最後に1日に10リットルも水分が体外に流出していたという。その姿はインターネット上にもまだ残る。正視できない身体だ。

中性子線は体内の細胞、その染色体をイッキに破壊する。だからその後は正常な細胞の分裂、再生が行われなくなる。通常人間の身体は細胞の死滅と再生が繰り返されて皮膚も時間をかけて古いものは垢として剥離し、その奥から新しい皮膚に変わっていくのだが、大内さんのように身体の設計図とも言える染色体が破壊されるとその機能を失い、皮膚の再生産は行われなくなる、だから皮膚の中の肉がむき出しの状態となる。同時に血液内の免疫系も破壊され再生産が不可能となり、あらゆる細菌、ウイルスから身を守る事ができなくなる。

医療スタッフもこの、前例のない患者を前になす術が亡くなる。

失礼な言い方だが、完全な負け戦に挑み続ける人々の姿は悲しく、心が痛かった。

しかし家族は最後まで回復を祈り、病室の横で1万羽ちかい千羽鶴を作り続けた。



この事故は知ってはいたが、こんなに苦しい現実だったは、本書を読むまで知らなかった。

一言で原子力は怖いというのは簡単だが、、、まさに人智を超えた力であることは間違いない。

だが、忘れてはいけないのは、この事故も基本的な人間の驕りから来るヒューマンエラーでしかないという事かもしれない。



朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 文庫



nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:

彩湖 [私事]

久々の二連休、本日は家族でピクニックに行こうと思ったのだが息子が熱を出し嘔吐、、、なので娘とパパだけでぶらりと彩湖へ自転車で。。

しかし蒸し暑い一日です。

が、湖畔は賑わっていました。
s001.jpg

本日はラジコンヨットのレース大会があったようです。
楽しそう、やってみたいなぁ。そんな高価なものではないみたいだし買おうかな。

ラジコンボートも気持ち良さそうに疾走してました。
s002.jpg

しかし今日はバーベキューする家族連れやウォーキング大会のシニアなど、またはサッカーや野球の試合なども重なってとっても活気のある道満パークでした。

僕はちょろっと娘と遊んで、そそくさと退散。
003.jpg

息子よ、元気になれ。


新商品  大迫力☆ ラジコンボート 7008 /RCB-7008/###ボートRCB-7008###

新商品 大迫力☆ ラジコンボート 7008 /RCB-7008/###ボートRCB-7008###

  • 出版社/メーカー: SIS
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゼロダークサーティー [AppleTV]

はい、大丈夫です。これは「アルゴ」より全然面白いのでオススメできます。
その上「ハートロッカー」よりも面白です。

けど、あれ?
なんでアカデミー賞穫れなかったの??
上記の2作品は穫ってますよね??



それは、やはり扱ったテーマが時期尚早だったからでしょうかね?
ビンラディン暗殺なんってセンセーショナルな話題をこんな早い段階で映画化できるなんってそりゃみなさんプロパガンダだ!!、オバマ再選のための映画だって言うよね。

けど、映画としてはとっっても面白ですよね。
素晴らしいバランス感覚だし。あの緊張感、臨場感は「ミュンヘン」と「ブラックフォークダウン」を足して二で割った感じではないけど、イイ感じなんだよ。

で、政治的にも決してビンラディンが9.11を起こしてその最終的な帰結としてオバマ政権が暗殺したとは一言も断言してないんだよね。最後の主人公のラストシーンは秀逸!!

しかし、ホント2000年に入ってからの世界で起きているできごとって、いったい何なんだろうね?
この映画の主人公ではないけど、まじめに考えれば考える程に虚無感に襲われるよ。

調べると、あの暗殺後のビンラディンの顔写真はアイコラ確定してるみたいだし、ビンラディンはあの時点で絶対にすでに死んでたって人もいるし。
一切遺体の写真公開されてないもんね??

CIAて何よ??

で、いつケネディ大統領暗殺事件の情報公開始まるんだっけ?


関係ないけど、キャスリン・ビグロー監督ってあのキアヌリーブスが最高に輝いていた「ハートブルー」の監督だったんだね、これは最敬礼だ。
ラストのビッグウェーブに向かう彼の姿は忘れられない。

この事件数十年後の米国政府によるディスクロージャーを待つ他ないね。


ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD




nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

特殊清掃 [本]

特殊清掃とは、事件、事故、自殺等の変死現場や独居死、孤立死、孤独死により遺体の発見が遅れ、遺体の腐敗や腐乱によりダメージを受けた室内の原状回復や原状復旧業務を指すわけだが、今回読んだ本「特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録」は特殊清掃「戦う男たち」というブログでその業務の実態や想いをこれまで掲載してきた特掃隊長の貴重なルポだ。

孤独死、自殺、その遺体の腐敗により発生する正視できないような、その痕跡と強烈な臭い。その処理を対応を行う隊長のスタンス、そして死生観。この本を読むと今を普通に生きることの大切さを、自分の中でまた一段と噛み締めることができる。

もし、自分の身近な人(親、兄弟、子ども達)そんな彼らが、本書の中で登場するような亡くなり方をしたら、どうしよう?

隊長の言葉。

「偶然というなの必然に支配された現実という名の夢幻」

「自分の死や愛する人の死、つまり人生と残された時間の有限性を知ることが大切だと思っている。」

「多くの遺族が『ありがとう』と『ごめんなさい』と亡骸に言葉をかける姿を見てきた。」

近しい人が亡くなると必ず感謝と謝罪のその両極が混合する感情が心を埋めるんだね。

生きている内にその気持ちは伝えるべきだと痛感した。



特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録

特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録

  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: Kindle版



nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:

八甲田山 [DVD]

遂にやっと見る事ができた映画「八甲田山」。

明治時代の陸軍が日露戦争に備え厳寒の八甲田山で雪中行軍を行った。
その結果が210人中199人が死亡するという大惨事だった。
この事件を元にした新田次郎さんの小説を映画化したのが本作だ。



主演は高倉健、そして北大路欣也、三國連太郎、前田吟、大滝秀二といった名優達が実際に真冬に八甲田山でロケを敢行して完成させただけあって、見ると本当にその痛い寒さが伝わってくる。というか良くもこんな映画撮れたなぁと恐怖を覚えるくらい、真に迫っている。

この映画に僕が興味を直接持ったのは4〜5年前に仕事で青森に行く機会が有り、ちょっとした自由時間があったものだから、クルマを飛ばし八甲田山の麓まで行ってみたのがキッカケだ。それも冬の終わりが訪れそうな2月末か3月頭くらいだったとおもう。まだ道路に雪は残り、この事件の資料館まで行ってみたが残念ながら冬期ということもあり資料館は休刊だっと。その日は穏やかな天気ということもあり、この道の先でこんな凄惨な事件が起きたのだとはにわかに信じられなかった。

八甲田山といえば、この事件により慰霊碑として建てられた銅像付近で夜にはよく幽霊の行軍があるとまことしやかにオカルト番組で心霊スポットとして紹介されていたのを見て馴染みはあった。

実際にこの映画を見て、事件の原因に想いを馳せてみたり、不本意にも亡くなられた先人達のことを考えるととてもいたたまれない、と同時に大変不可思議に思ったりもする。

いつかまた、必ず八甲田山は再訪したいと思う。


不謹慎だが、この事件は大変興味深いのだ。

僕が雪国育ちということも影響しているかもしれない。


何はともあれ、映画としては圧巻だ!

木村大作先生バンザイ!!

八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]

八甲田山 特別愛蔵版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: M3エンタテインメント
  • メディア: DVD





nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ベイジン [本]

青山仁さんの「ベイジン」面白かった。
こんな予言の書だったとは恥ずかしながら知りませんでした。

ここまで福島原発事故を暗示していたとは、脱帽。
これを、東電の上層部がしっかりと読んで肝に銘じておけば、あの事故は現実のものとはなあなかったのではないかと思うくらいの相似点。

舞台は北京オリンピック開催が間近に迫った中国。
その開催式典中での運転開始を目指す世界最大の原子力発電所。
赴任した日本人技術者が異国での不条理に対峙しながらも完成を目指す原発。
そしてその裏で蠢く中国の権力闘争。2008年8月8日に向けて動き出したエネルギーの大車輪を止める事は果たしてできるのか?


面白いけど、このラストは頂けなすぎだよね。
残念。もちょっと粘って欲しかったなぁ。
なんか最後は投げ出された感がハンパない。



ベイジン(上)

ベイジン(上)

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: Kindle版




nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ: